Skip to content

浅草には年間を通して楽しい行事が

東京は街歩きとしてメディアなどで取り上げられる地域が多くありますが、中でも絶対外せないのが浅草でその中でも東京随一の観光スポットとして浅草寺があります。

年間を通して40回以上もの行事が行われていて、中でも大晦日の除夜の鐘300年以上の歴史を持つ鐘は、毎朝6時と大晦日の除夜の鐘のみ鳴らされているのです。から初詣には参道には多くの人の参拝で道が溢れるようになるのです。浅草の行事で多くの人々に知られているものには、2月には針供養があり桜の季節の隅田川沿いの隅田公園桜祭りは多くの露店の出店で賑わい、ライトアップされた距離をスカイツリーをバックに見ることができます。

5月の三社祭は初夏の風物詩ともなっており、これは江戸三大祭りの1つになっていて夜の雷門前の神輿の引き渡しはライトアップされた雷門にとても映えます。7月には入谷朝顔祭り・ほおずき市があり、隅田川花火大会が開催されるのです。

8月には今年で39回目の開催となるリオのカーニバルの日本版となる浅草サンバカーニバルがあり、9月は人形供養・10月には菊花展・11月には酉の市があり縁起物の熊手が売られて商売繁盛を願い、12月には歳の市とも言われている羽子板市があります。毎年10月に調理道具の専門店街のかっぱ橋道具店での道具街祭りが行われていて、国内外の観光客や買い物客で大賑わいです。どの時期にいっても行事が多くある浅草は、多くの外国人の方々にも人気の場所となっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *