Skip to content

全国的に有名な浅草の行事

浅草は、三社祭と四万六千日・ほおずき市などの伝統行事に加え、サンバカーニバルや冬の一葉桜まつりイルミネーションなどの新しい行事も数多く開催されています。

三社祭は、浅草寺の御本尊様を隅田川から引き上げた檜前浜成命と檜前竹成命の兄弟と本堂を造営した土師真中知命の3柱を本社神輿で渡御させる700年続く伝統行事であり、毎年150万人にも及ぶ見物客が訪れています。見所は、3基の本社神輿の渡御だけで無く100基にも及ぶ氏子44町の神輿の渡御であり、祭り初日の名物行列や無形文化財のびんざさら舞も見所の1つです。

また、白地に三網の神紋と三社祭の文字がシンプルに描かれた軒提灯が三社祭らしさを演出しています。サンバカーニバルは、40年近く続く日本最大のサンバのコンテストであり、毎年50万人を超える見物人が訪れています。サンバカーニバルは、聖徳太子が摂政を務めた推古天皇の治世時から発展して来た古い町並みを露出が多く華やかなコスチュームのダンサーが弾ける強烈なリズムで躍動する様に圧倒され、まるでブラジルのリオのカーニバルの様です。

四万六千日・ほおずき市は、1日で四万六千日分の功徳が一度の参詣で得られる特殊な7月9日と7月10日に開催される行事であり、参詣すると共に観世音菩薩の恵みとされるほおずきの実を水で丸呑みする事で病気が治るとされています。また、落雷除けの赤とうもろこしが販売していた事から竹串に挟んだ三角形の守護札である雷除札が浅草寺で授与されています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *