Skip to content

きびだんごを食べて浅草を見物しよう

きびだんごというと桃太郎や、岡山を連想するかもしれませんが、浅草ではすぐに仲見世を思い浮かべる人も多いようです。

浅草寺につながる仲見世の一角に、きびだんごを販売しているお店があります。古い日本の風景を演出しているから浅草のきびだんごを販売しているのかなと思う向きもありますが、実はこちらのお店は江戸時代に仲見世に実在した門前のきびだんごを再現しているそうです。江戸時代にはすでに、この地で売られていたのだと思うと、なんだか懐かしさを感じてしまうはずです。

実際に江戸時代の浅草の様子として玩具、菓子、みやげ品を扱っているお店が並んでいたといわれていますので、現在の仲見世の様子も昔とダブっているのかもしれません。仲見世には、あんこが入ったできたてアツアツの人形焼が売られていたり、醤油の味がしみ込んだおせんべいなども売られていて、良い香りで人々の足を留めます。また、お土産屋さんもたくさんあり、日本独特の道具などが海外からの観光客にも人気です。

ちょっと昔の日本の雰囲気を今に感じさせてくれるのが、浅草散策を楽しめるポイントなのかもしれません。ちょっとした買い食いも楽しいものですが、浅草には新鮮な魚介を使った天ぷらがたっぷりと載った天丼であったり、継ぎ足し継ぎ足しで使われてきたきりっとしたたれがかかった鰻など、おいしいお店もたくさんあります。江戸の粋を感じながら、揺ったりのんびりと観光をしてみてはいかが。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *