Skip to content

浅草と東京スカイツリーの観光エリアとしての評価

浅草は、都内で最も古い寺院を中心に江戸時代の情緒を残す観光エリアですが、東京スカイツリーは世界に誇る電波塔であるだけでなくすみだ水族館やコニカミノルタプラネタリウム天空など最新の観光施設が充実している観光エリアと対称的です。

東京スカイツリーは、第一展望台と最高到達点451.3mの第二展望台があり、専属ガイドが案内をしてくれるスカイツリーテラスツアーが行われています。専用エレベーターは、夜空に舞う桜吹雪をイメージした春や隅田川の花火が彩る夏の空など四季のアートパネルによる演出が行われ、高速エレベーターの僅かな移動時間も楽しめます。

しかし、「21世紀のピラミッド」などと揶揄され、アメリカの旅行雑誌では「東京の7大がっかり観光地第1位」と高評価の浅草とは対称的です。浅草は、真っ赤な雷門と雷門にかかる松下幸之助寄贈の大提灯を筆頭に人力車や江戸時代から続く仲見世など外国人観光客のイメージ通りの観光エリアとされ、5月の三社祭まつりや7月の隅田川花火大会など100万人を超える観光客が押し寄せています。

浅草は、浅草寺の子院の本龍院の大根まつりや入谷鬼子母神の朝顔まつりなどが行われ、特に7月8日と9日に行われる四万六千日ほおずき市や12月17日から3日間行われる歳の市の羽子板市は季節の風物詩として毎年ニュースとなっています。また、針供養や人形供養など宗教的な年中行事だけでなく、芸能の町らしく歌舞伎役者に因んだ泣き相撲や新春歌舞伎などのイベントも数多く行われているのでいつ行っても楽しむことができる観光エリアです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *