人体に使う消泡剤は無害です

胃カメラを飲む、前処理には必ず消泡剤を使います。胃カメラを経験された方は必ず飲んでいますので思い出す方もいるでしょう。あの無色無臭の液体で、人によっては吐いたりするまずいものです。この消泡剤のおかげで、胃の内部に発生する気泡(泡)を消すことができるので、内部を詳細に調べることができます。

もし気泡が発生していれば調べることは難しいです。というのも胃の中は胃酸や胃粘膜によって粘度が高い状態になっています。ですから気泡が発生しやすくなっています。消泡剤による前処理はたいへん重要なことなのです。

コップ1杯分を飲んでふと疑問を持ったことはないでしょうか。この液体が人体に影響を及ぼすのか及ぼさないのかです。実はまったく無害ですので心配しなくてだいじょうぶです。体の中ですぐに分解されて、尿や汗として外に排出されます。

また、水溶性ですので人体に蓄積されることもないです。水溶性でなかったらおそらく人体に蓄積してなんらかの影響を及ぼしていたかもしれません。最近では甘味や香りのついて消泡剤が登場してきましたので、まさに飲みやすくなっています。飲みやすさを追及したかたちになったのです。

もし胃カメラを受ける機会があったなら、前処理としての消泡剤を思い出してください。おそらく飲みやすいだろうと考えています。自分の体のことですので、胃カメラは年1回必ず受けるように心がけておいてください。病気はまさに早期発見です。

消泡剤のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする