消泡剤で泡を除去できます

消泡剤は泡を消すため添加する添加物で、主成分はシリコーンエマルジョンになります。泡は表面張力が高く界面活性剤が含まれており、消泡剤は表面張力を下げることによって泡を消すことが可能です。消泡剤を使うメリットについて、汚水の回収率が上がることができます。バキュームはモーターへ水が回らないようフロートが付いており、フロートが上がると吸引することができない仕組みです。

泡がフロートを押し上げていき吸引が止まると、回収容量が下がるでしょう。泡液体や固体などに塊として入り込んだ気体で、薄い膜で隔てられた状態です。いくつも集まった状態になっており、液体や固体などに入り込んだ気体の塊を気泡を言い、気泡が集まったものを泡沫と言います。周りを囲んでいる液の表面張力の影響を受けることになり、液体の場合純水な液体だと大きな泡立ちはありません。

液体に他の液体や固体といった物資が混ざる混合溶液になると、泡立ちやすい傾向になるでしょう。消泡剤を利用すると、故障率の低下を予防することができます。モーターは水分は大敵で、泡は軽いのでモーターへ水分を運び、モーター劣化を促進させることにより故障率が上がる要因になります。作業効率をアップするメリットもあり、回収容量が下がることによって汚水を排水する作業が増加します。

継続した作業時間を作れるので、効率がアップするでしょう。消泡剤はメーカーや種類によって様々で、粘度の高いものは薄めて汚水タンクなどに投入すると攪拌が速くなり効果的です。消泡剤のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする