消泡剤とは何か、またどんな種類があるのか

消泡剤とは何かというと、出来た泡を消す為に添加する添加物の事です。泡の表面張力は高く、液体の表面張力を下げる事によって泡を消していきます。一言で消泡剤と言っても種類がいくつかあります。まずオイルタイプです。

鉱物油等に消泡成分を分散させたもので、表面の泡を速やかに発泡させたい時に使用するのが適しています。熱にも強いので高温でも使用出来、価格が安価というのも魅力です。しかし速乾性があるものの、持続性が弱いという弱点があります。さらに油性が強いので、使用すると油が浮き出る事があり、河川等で問題になる事もあるので注意が必要です。

また活性剤タイプというものもあります。いわゆる界面活性剤の一種で、洗剤は親水性が高く発泡性ですが、このタイプの消泡剤は油性なので、水に入れてある温度以上になると白濁分散してしまいます。ただ有効成分が90~100パーセントと非常に高く、わずかな量で高い消泡効果を発揮するのが特徴です。加えて安定性にも優れているので、長期保存する事が出来るというのも魅力ですが、その一方で値段が高いというのが欠点です。

他にもエマルションタイプのものもあります。これはいわゆる消泡剤成分を水に乳化分散させたものです。被消泡液への分散性や脱気性にも優れているのが特徴です。ただ欠点として貯蔵条件に制約があり、長期保存すると増粘固化したり、成分が分離して消泡性能が損なわれるという事もあります。

こうした品質劣化を防ぐ為に、保存する時は直射日光が当たらないように屋内で保管すると良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする