豆腐に消泡剤を使う理由

食品や化粧品の成分表示には、添加物として消泡剤が使われているものがあります。豆腐などが代表的ですが、どのような理由で使われているのでしょうか。消泡剤は、液体に泡ができないように、またはできた泡を消すために使われています。種類は様々で、食品以外にも日用品や工業品などにも使われています。

家庭でお菓子を作るとき、スポンジ生地やゼリー生地の表面に泡があっても、特に気にしないという人は多いのではないでしょうか。泡の一つ二つあっても味に影響はありませんし、見た目に少々影響するくらいです。それも気になるなら、泡を全てつついて壊してしまえば、泡をなくすことができます。とはいえ、豆腐やお菓子を販売用に大量生産したいときは、いちいち泡をつぶしていたら非効率です。

泡が出ない状態にしてしまえば、表面がなめらかな製品を作ることができます。料理には様々な過程があり、泡の発生を完全に抑えることは困難です。消泡剤を効率的に使うことで、手間をかけずに均一な食品を製造することができるわけです。表面に泡がない状態にすることは、見た目を美しくするという意味もありますが、空気に触れる面を減らし、保存状態をよくするという意味もあります。

消泡剤は、成分や使い方によって様々な性質があります。豆腐に使われている消泡剤は、できあがりの段階では成分は残らないタイプがほとんどです。添加物として表記されていても、さほど気にしなくていい成分だと判断してもいいものと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする