消泡剤の働きと種類について

消泡剤というのは、名前のとおりに泡を消す・おさえる商品です。使用法は発泡液に対してごく微量添加し、それだけで発泡をおさえることが出来ます。発泡という現象は空気を液体が薄い膜で包んでいる状態です。表面張力の働きがこれを可能にし、泡が持つ粘性が重要な要素となっています。

消泡剤はこれらの均衡を乱し、泡・発泡を消すのに役立ちます。詳しくは膜の表面を部分的に不均衡にすること、膜を不安定化させることで消しているのです。消泡剤には3つの効果があるとされ、それはすでに出来ている泡を消す「破泡作用」、泡の生成を防ぐ「抑泡作用」、気泡同士をくっ付けて破泡させる「脱気作用」です。販売されている商品は大きく2つの種類に区別されます。

オイルタイプと活性剤タイプで、ベースの違いで区別されています。鉱物油などがベースとなっているのがオイルタイプの消泡剤です。このタイプのおすすめポイントは、安価である、熱に強いので高温の使用が可能、消泡の作用が速やかなことが挙げられます。問題点は持続性が劣ること、油性が強いが故の排水問題で、そのまま捨てれば河川などを汚染するので注意が必要です。

一方、活性剤タイプは界面活性剤の一種で疎水性の高い油性の商品です。特徴は水と混ぜると白濁して分散することで、自己乳化型消泡剤とも呼ばれます。おすすめポイントは使用料が少量で済む、安定性が高い、長期保存ができることです。短所には高価なこと、使用の温度帯によっては発泡を助長してしまうことが挙げられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする