消泡剤が使用される場面

消泡剤はその名前の通り、液体に発生する泡を消すためのものです。そして、実際に使用される場面は数多くあります。例えば何かを洗うために界面活性剤が含まれた洗剤を使用すると、泡が発生します。その規模が小さければそのまま洗い流すことは難しくありませんが、もし、大量であれば当然泡の量も多くなります。

また、工業で何かを攪拌する際にも泡が発生することがあり、目で確認しにくくなったり周囲に飛び散ったりするなど、作業の邪魔になりかねません。そういった場合に消泡剤を投入すれば、邪魔な泡が勝手に消えたりできにくくなったりするので、色々な作業がスムーズに進むでしょう。また食品部門でも、泡が邪魔になることは数多くあります。特に、豆乳を原料として使用する豆腐は、泡が消えない状態のままで固まると見栄えが悪くなってしまいます。

そうであるにも関わらず、豆乳には泡ができやすい成分が元々含まれています。そのため、何も対策をしないと、気泡を含んだ豆腐が簡単にできてしまいます。そのようなことになるのを防ぐために、消泡剤が使用されるわけです。そんな食品に使用される消泡剤は、当然人が口にしても大きな問題にならないように一定の基準をクリアしたものが使われます。

ただ、豆腐の場合はあくまでも見栄えのみを良くするためのものなので、絶対に欠かせないというわけでもありません。結局は使用していないことと、泡がないことのどちらを優先するかということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする