豆腐作りに消泡剤は必要なの

最近では、何でも自分で作ることにチャレンジする人が増えています。そんな人の中には、豆腐を自分で作ってみたいという人もいるでしょう。ネットやホームセンターなどでは、そんな人向けに豆腐の手作りキットなども販売されるようになりました。キットの中には、道具だけでなく大豆やにがりなどもセットになり、届けばその日に豆腐作りを楽しめる商品もあります。

この豆腐を作るときによく使用されているのが消泡剤です。消泡剤とは、名前からもわかるように泡を消すための成分です。大豆に含有するサポニンは泡を作る性質があり、この泡を消さないと気泡が入った状態で固まってしまうことになります。きめ細かい豆腐にするためには消泡剤が欠かせません。

また、泡があると見た目が悪くなるだけでなく、空気に触れる部分が増えるために腐りやすいとも言われています。何度も布でこせば泡をなくすことも可能ですが、手間がかかるので一般的には消泡剤を使います。ただ、この成分を入れることで体に害があるのではないかと気になる人もいるでしょう。この成分での体に害はないとされています。

また、この成分を使用して泡を消しても、豆腐の中には成分が残らないので、体にも害はありません。しかし、せっかく自分で作るのなら、余計なものは入れずに作りたい人もいるでしょう。家庭で作るのならその日のうちに消費するケースが大半ですし、丁寧に泡を取り除けば見た目も市販のモノとほとんどかわりません。なので、家庭で作るときには必要最低限の材料で作るのも良い方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする