消泡剤にはメリットがあります

消泡剤はできた泡を消すため、添加する添加物です。主な成分はシリコーンエマルジョンで、泡は表面張力が高く界面活性剤が含まれた状態において発生します。消泡剤は液体での表面張力を下げることによって、泡を除去することが可能です。消泡剤にはいろいろなメリットがあり、例えば汚水の回収率が上がります。

バキュームにはモーターに対して、水が回らないようにフロートが付いてます。フロートが上がってしまうと、吸引できなくなるシステムです。泡がフロートを押し上げてしまい吸引が止まると、もともとある回収容量より回収容量がダウンするようになります。他のメリットには、故障率低下があげられます。

モーターは水分は大敵で、泡は非常に軽いためモーターに水分を運ぶことがほとんどです。モーター劣化を促進するようになり、結果駅に故障率が上がる大きな原因になります。作業効率をアップすることが可能です。回収容量が下がることによって、汚水を排水する時間や作業が増えてしまいます。

このような状態によって作業を一時中断するケースがありますが、継続した作業時間を提供することができるので業務効率をアップすることが可能です。作業を一時中断するのは大きなダメージになるので、特殊な液剤を利用することによってトラブルを回避することができます。メーカーからいろいろな種類が提供されていますが、粘度の高いものは薄めて汚水タンクに投入すると、攪拌が早くなるので効果がアップします。消泡剤のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする