いろいろな場所で使われる消泡剤

消泡剤とは、泡を取り除くための添加物のことです。二つのタイプに分けることができますが、一つは発生した泡を取り除くという物です。泡を潰して無くそうなイメージになります。もう一つは、泡が出来にくくするというものです。

そもそも泡が発生しないように出来れば便利だと言えます。いずれにしても効果は同じであり、泡がなくなるという目的を達成します。身近なところでは、市販品の豆腐や茶碗蒸しなどに用いられることが多いです。豆乳や卵液は泡が出来やすいですが、それを取り除かないと食べた時の食感が悪くなります。

また、空気の粒が中にたくさんあると、商品が傷みやすくなるのです。そのため、食品の中に消泡剤が使われることが多いのです。添加物を摂取することに不安を感じる人もいますが、ほとんどの場合商品が完成した時にはその役割を終えていますので影響はありません。他にも工業用などもあり、多くの場面で用いられているのです。

確かに水を混ぜただけでも泡が出来るので、自然なことと言えます。しかし、そのままにするならいろいろと不具合が生じてしまうのです。消泡剤の例からもわかるように身の回りには多くの添加物があり、それを無しにして生活するのは難しい状態です。添加物に対する正しい知識を取り入れることは大事であると言えます。

また、必要以上に過剰な反応をする必要もないでしょう。バランスを取れた見方が必要であり、そうすることで健康を維持することが出来るのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする