泡のトラブルを解消する消泡剤とは?

液体の中には泡が含まれていることがあり、多くなると製品や配管などに良くない影響をもたらすことがあります。そのため泡を消す効果がある消泡剤が必要です。液体を原料として成形する製品では、気泡が含まれていることで空洞ができて品質を低下させます。また成分中の気泡が割合が多いと、同じ容積内に有効な材料が十分に入らないことで、目的の成果を得ることができなくなります。

配管中の気泡は増えることで圧力が上がり壊れることも考えられます。消泡剤を使うことで、液体中に含まれている泡を抑制することが可能です。泡は気体の周りに表面張力によって膜ができることで球状の状態で存在します。この形状だからこそ均一に圧力がかかり、小さなものでは壊れることなく残ってしまいます。

圧力に均衡がなくなれば破壊することができますが、何もしなければ均衡は保たれたままです。外的な影響を受けにくいことも、問題の一つです。消泡剤を使うと泡の表面張力に影響を与えることができます。その方法は大きく分けて2種類です。

局所的に低下させることで破壊するものと全体的に低下させる方法です。この両方を適用して、効果的に消すことができます。このような効果はオイルによって得られるもので、食品などに利用するときには、毒性に少ない水性の物を使用します。消泡剤はあまり知られていませんが、日常に食べているものや化粧品、医薬品など多くのものに使われているなくてならないものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする