豆腐作りには消泡剤が有効的

豆腐は日本の中でも多く消費されている食品の1つであり、長い歴史の中で親しまれています。メイン料理の食材として使用されるだけでなく、冷奴など副菜やつまみのアテとしても人気が高いです。この豆腐ですが製作工程で問題になるのが泡があり、原材料となる大豆に含まれる成分が影響しています。大豆に含まれている天然の乳化剤であり、水に溶ける事で大量の泡が発生してしまうのが特徴の1つです。

石鹸のように大量の泡が製造工程で発生するので、そのまま豆腐を作ってしまうと気泡の跡だかけの豆腐になってしまいます。そのため製造工程で発生した泡をけすために、消泡剤はとても有効的に豆腐製造中に発生する泡を消す事が可能です。泡がある状態は豆腐の仕上がりの見た目を悪くするというだけでなく、大量の気泡ができることで空気にふれる面積が増えてしまいます。それにより豆腐自体の品質が酸素により、日持ちが悪くなったり腐りやすくなるといった原因にもなります。

そのため消泡剤を使用することで泡を消すことで、見た目だけでなく品質を長くキープする効果が高いです。泡を消す方法としては泡をすくい取るという方法や、豆腐の原料を布でこすという作業で軽減する事ができます。ただし作業的には手間がかかりコスト面でも高くなるので、より手軽に行えるのが消泡剤となります。豆腐作りの工程も踏まえてとても有効的なので、良質な見た目をキープするだけでなく品質も保つ事ができるのが魅了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする