消泡剤の特徴やメリットとは

消泡剤はあまり身近な存在ではないと考えてしまいがちですが、掃除の際に使用することで非常に役立つ存在となっています。できた泡を消すために添加する添加物であり、主成分はシリコーンエマルジョンで泡は表面張力が高くなっており、界面活性剤が含まれた状態で発生するのが特徴です。液体の表面張力を下げることにより、泡を消すことが出来る仕組みになっています。消泡剤を使うことによって汚水の回収率が上がったり、故障する確率を低下させることが可能です。

勿論作業効率もアップするので、掃除が捗ることは間違いありません。一口に消泡剤といってもメーカーや種類によって成分含有率や効果は様々であり、用途に合わせて最適なものを選ぶことがポイントとなってきます。粘度の高いものの場合には、薄めて汚水タンクに投入すれば攪拌が早くなり、より効果が早くでます。消泡剤の種類を大きく分けるとシリコーン系と有機系の二種類があります。

シリコーン系は速効性があるという点が特徴であり、スピーディーに仕上げたいときに適しているのではないでしょうか。それだけではなく、油が混じっていても使える汎用性も魅力となっています。有機系は水性の発泡液に適しているのが特徴ですが、非水性には弱くなっています。シリコーン系の中にもオイル型や溶液型、オイルコンパウンド型だったり、エマルジョン型や自己乳化型などの種類もあるので、それぞれの特徴を理解して選ぶようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする