食品添加用に使える消泡剤も増えている

菓子類などの食品を作っている時に発泡現象が起きてしまい、食品の見た目が悪くなることが多くて困っているのなら消泡剤を活用するだけで、余計な泡が発生しないように対処できます。消泡剤であれば何でも食品に入れられるわけではなく、エマルジョン型などの食品添加用に適したものを選ぶのが理想的です。どれだけの量を使用するのか考えることも重要で、適量なら風味なども損なわずに発泡現象が起こらないように対処できる点が評価されています。エマルジョン型の消泡剤は食品添加用だけでなく廃水処理用などもあり、用途に合わせて製品を選びやすいのが魅力です。

製品ごとの説明には用途例なども書かれているので、目的に合うものは迷わずに選べます。食品ではなく塗料やインキなどの発泡現象を抑えたいのなら、自己乳化型と呼ばれる消泡剤が役立ちます。持続性で優れているために商品として塗料などを売り出した後に、発泡現象が起きて使用感が悪くなる心配がないのが利点です。自己乳化型はシリコーンだけを使っているものが多く、不凍液や切削油の泡を減らしたい時にも活用されています。

同じ自己乳化型の製品であっても持続性には違いがあるので、性能の差を比べておくことも重要です。水性発泡液に対してはオイルコンパウンド型が合っていて、シリカ粉が入っているために効果の持続性でも信頼できます。食品工業や石油精製など業務の内容に合わせて選ぶことで、消泡剤の効果の高さを実感しやすくなると考えてください。消泡剤のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする