消泡剤の種類と特徴について

消泡剤とは、液体に泡が出来る事を防いだり、あるいは出来た泡を消す為に加える添加剤の事を指します。これは様々な製品の製造過程において使用されており、食品を始めとして化粧品、排水処理などで用いています。消泡剤として最初に挙げられるのがエマルジョンタイプで、これは最も多くの場面で使用されており食品添加用、排水処理用に適合する製品が有ります。このタイプの特徴として、安全性が高く取り扱いが容易な点が挙げられます。

オイルタイプは溶剤や添加剤を含まない、シリコーンオイルのみで構成されたもので、安価で即効性が有り、高温でも使用出来る特徴を有します。そしてオイルコンパウンドタイプはシリコーンオイルに粉末シリカを配合したもので、シリコーン本来の特性を発揮しやすく、油性と水性の何れの発泡液に対しても有効です。自己乳化タイプは親水性の変性シリコーンオイルとオイルコンパウンドから構成されており、特に酸性やアルカリ性の発泡液に対しても優れた消泡効果を示す点が特徴で、切削油や塗料などに添加しても持続性に優れた消泡効果を発揮します。これは幅広い用途への使用が可能ですが、他のタイプに比べて高価です。

また粉末・固形タイプも有りまして、これはシリコーンオイルを高吸収性の粉末や固体に吸着させたもので、貯蔵安定性が良くて取り扱いが簡単なため作業性に優れます。これらの各タイプの消泡剤の特徴を把握して、用途に合ったものを選定する事が大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする