胃カメラに使われている消泡剤を飲みやすくする

胃カメラを飲む前準備として消泡剤を飲みます。消泡剤とは気泡(泡)の発生を抑えにくくしたりする薬剤です。これを飲むことで胃の表面をくわしく調べることができるからです。胃の中は常に粘膜と胃酸が混ざり合って無数の小さい気泡が発生しています。

気泡が邪魔をして調べることできませんので、消泡剤を飲むことで気泡を発生を抑えます。胃カメラを経験したことのある人は必ず飲んでいますので思い出すかもしれません。この消泡剤はコップ一杯の液体であり、無色透明で味はないです。やや粘り気があり、人によっては吐き気を催すことがります。

飲むことに躊躇って胃カメラができなくこともあります。そのために味のついたフルーツ味のものが最近開発されました。このことでほとんどの人が飲みやすいと感じ、胃カメラがしやすくなってきています。つい最近のことですのでまだ飲んだことのない人が多いです。

胃の表面をくわしく調べるためには表目になにもない方が調べやすいのが当然です。きれいなままのほうが初期のがんや炎症が予めわかりますのでカメラで覗くことは大切なことです。そのためには消泡剤は欠かすことのできない薬剤なのです。医療の現場では他にもお腹のガスを除去する薬剤にも配合されています。

お腹のガスの発生を抑えにくくするからです。まさに医療現場では人の命もかかわってきますので必要不可欠です。今度胃カメラ予定の人は前準備のときに思い出すといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする