消泡剤は様々なものに使われています

消泡剤と呼ばれる食品添加物の一種がありますが、この消泡剤は名前からもわかるように、泡を消すことができる成分です。どのような場面で使われているのかと言うと、豆腐にも含まれているものであり、豆腐を作る過程でできる泡を消すことが可能となります。その他にも腹部膨満感の解消に役立つ市販薬などにも含まれていて、この薬を飲むことにより、胃の中に溜まった泡を消すことにより、腹部膨満感の解消に至ります。このように食品や薬など様々なところで使われていることがわかりますが、実は身近な製品にも使われています。

その一つがペンのインクであり、ペンのインクが空気が張っていると連続して書くことができなくなってしまいます。一言で消泡剤といっても様々な種類のものがあり、このような場合にはアルコール成分の泡を消すものが必要となり、なおかつインクの品質をそこは損なわないような液体が重要です。間違えた種類のものを使った場合には、インクの色が劣化する可能性があるため、使い方には十分な注意が必要です。また紙の製造工程でも使われることがあります。

紙を作る時には水を使いをして固めて作ることになる為、万が一水に泡が生じている場合には、繊維が崩れたり見た目の問題が生じることになるでしょう。この時に使う種類のものは、シミにならないようなものを選ばなければありません。このようなことから製造目的に応じたものを選ぶ必要があると分かります。場合によってはメーカーなどに相談することが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする