チャットボットツールの仕組みを学ぶ
2022年5月18日

近年注目を集めるチャットボットについて

チャットボットは雑談を意味するチャットと、ロボットからなる言葉で、機械が応対するチャットを想像するとイメージしやすいです。従来、チャットといえば有人オペレーターによる応対が主流で、機械による応対を行うチャットは限られていたといえます。そのチャットもシンプルなプログラムによって動作することから、受け答えが単調だったり、想定されていない質問には答えられないといった問題が多かったです。近年注目されているチャットボットは、AIを搭載する製品も登場しているので、従来よりも受け答えが自然だったり、対応できる質問の範囲が広がっています。

また運用方法についても進化しており、一般企業だけでなく自治体がチャットボットを導入するケースも増加中です。現代のチャットボットは、最初に質問の大まかな選択肢を提示したり、ユーザーの選択に応じて提案を行うタイプが主流です。フリーのキーワード入力に対応するタイプは発展途上にありますが、AI研究と技術の進化に伴い、いずれ主流になると思われます。理想をいえば人間と見分けがつかないほどスムーズな応対で、不自然さを感じさせないチャットボットが一種の到達点になるはずです。

観光案内や自治体の問い合わせ対応など、既に実用的に活用されていて成果が出ていますし、人件費を抑えつつユーザー満足度を高く保つことにも成功しています。こういう事例は耳にすることが多くてもはや珍しくないので、社会に非常に浸透していることが分かります。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です