チャットボットツールの仕組みを学ぶ
2022年6月24日

チャットボットで在宅確認

チャットボットは文字を用いて会話するという技術です。人を相手にして会話するのですから、高度なAIの判断と膨大な情報の蓄積が必要となります。ただ、そこまでしなくてもなんとか使えるようにする努力が行われており、その一つが質問内容を絞る事です。あらゆる質問に回答するAIも登場していますが、どうしても答えられない質問もあるでしょう。

それはジャンルが絞られておらず、どんな質問が来るか分からないからです。実用化したチャットボットは特定の業種に合わせてカスタマイズされ、その業種の質問が来る事を前提として動いています。例えば運送会社が客に荷物を届ける事を想定してみましょう。問題になっているのは再配送の有無であり、つまり行った時に在宅しているかどうかが重要です。

そこでシステムがこれから届に行く家を感知し、メッセージを送ります。これはもちろん、今家にいて荷物を受け取れるかの質問です。機械との会話と考えると複雑そうですが、そんな質問ならはいか、いいえで答えられるので難しい事はありません。もし10分後に家を出る場合でも、チャットボットには選択肢を表示させる機能もあるため、その回答へと導いてくれますし、簡単なチャットなら読み取る事も出来ます。

また、その業種の対応をやっていくうちに学習していくのもチャットボットの特徴であり、どんどん賢くなってイレギュラーにも対応出来る様になるもです。これだけ便利なものですから、これからも広まっていくでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です