チャットボットツールの仕組みを学ぶ
2022年9月3日

チャットボットの種類

チャットボットにもいくつかの種類があります。大きく分けるとある程度決まった内容から選択して会話をするシナリオタイプと、使用者が自由に書き込むことができる質問タイプです。シナリオタイプは、想定される範囲内で会話を準備すればいいので安価で済みますが、本当に質問したい内容が見つからないことや想定から外れた内容だとうまく誘導できないなどがデメリットとして考えられます。それでは導入する意味がないこともあり、注意が必要です。

質問タイプのチャットボットは、辞書検索型とAI型に分けることが可能です。辞書検索型はよくある質問などのデータベースを検索することで、解決に導きます。前例があったり、想定ができているような場合は有効ですが、少し複雑な状況だったり、そもそもの用語を知らないような顧客を相手にしてしまうと、使えないというトラブルが避けられないかもしれません。またデータベースの更新をしないと、いつまで経っても昔の内容しか答えてくれないなどのトラブルにつながるでしょう。

チャットボットを有効に使いたいならAI型がおすすめです。何度か行われたやりとりで、用語や答えなどを適切に選んで解凍できれば、顧客に不満を感じさせる心配がありません。定期的な更新よって、応えられる量も増えてくるでしょう。24時間対応でも問題ないので、好きな時に利用してもらうことができます。

お互いに無駄な時間を費やすことがなくなるので大きなメリットと言えます。チャットボットのことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です