チャットボットツールの仕組みを学ぶ
2022年9月18日

チャットボットが必要とされています

業種を問わず多くの企業がホームページにチャットボットを導入して顧客対応を行うようになりました。電話やメールを使う場合、つながらなかったり返信が遅れるなどの問題があります。チャットボットはプログラムなので24時間いつでも対応できるだけでなく、高品質な回答が可能です。このプログラムにはAI型とルールベース型の2種類があり、それぞれに異なるメリットが存在します。

最適なタイプのチャットボットを導入すると、スタッフの負担を減らしつつ効果的な顧客対応が可能になります。売上の増加を図るためには顧客の満足度を高め信頼関係を築かなければなりません。人間のスタッフが顧客対応を直接的に行っていると、様々なクレームなどでストレスを抱えることになります。精神的な負担が重なれば心身に不調をきたし正常に業務を行えなくなる可能性があるので注意が必要です。

プログラムに一次的な対応を任せ、専門的な事項についてはスタッフが担当すれば負担を大幅に軽減できます。またスタッフは重要な問題に専念できるためより高品質な対応が可能になります。AI型は最初に学習させたデータの他に、相談者とのやり取りから蓄積されたデータに基づいて総合的な判断を行います。ルールベース型は予め作成したシナリオに基づいて対応するので、回答の精度が最初から高いという特徴が存在します。

AI型は学習が進めば様々な問題について自律的に判断し精度の高い回答が可能になります。ルールベース型もシナリオを増やせば多くの問題に対応することができます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です