チャットボットツールの仕組みを学ぶ
2022年9月21日

チャットボットを使う理由

チャットで会話が無人でできるチャットボットは、メリットが多いので使わない理由がありません。顧客対応は十分なリソースをかけないと、苦情が処理されずに不満が溜まってしまう恐れがあります。簡単な質問だけでも知りたい時に聞けないだけで、評価が下がってしまうことになるでしょう。なかなかつながらないと解決できた後でも不満がなくならない恐れもあります。

だからと言って多くに人材を配属すれば、それだけ人件費が嵩んで商品の価格に反映されたり、売上を圧迫してしまうかもしれません。そこでチャットボットの活用です。多くの質問はよくある質問にある内容で解決できます。それを見てもらうことができればいいのですが、不安を感じている状態の顧客は、そこまで考えつきません。

だから会話でのやり取りを希望するため、単純な問題にも多くの人材が必要になっています。チャットボットを使ってよくある質問の内容に誘導できれば、顧客を長時間待たせてイライラさせることがありません。よくある質問で解決できないものだけを対人での対応に切り替えれば、担当者の人数を最低限に抑えることもできます。もう一つのメリットは対応時間を24時間にすることができる点です。

それなら聞きたい時にいつでも問題を解決することができます。どうしても解決できない問題は、営業時間に折り返すことで対応すれば、不満に感じる程度も低くなるでしょう。最低限の人員で顧客満足を高めるにはチャットボットが欠かせません。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です