Skip to content

Category: 三社祭

浅草の新しい行事の紹介

浅草は、門前町として発展して来た事から700年以上続く「三社祭」や「四万六千日・ほうずき市」に加え、「針供養」や「大根まつり」など寺社仏閣に関する行事が毎月の様に行われていますが、「浅草サンバカーニバル」や「泣き相撲」などの寺社仏閣と関係無い行事も行われています。

Leave a Comment

浅草の最大の行事と夏を感じさせる風物詩

浅草は、戦前には7基あったとされる神輿のうち現存する3基に移される檜前浜成命と檜前竹成命が漁師だった当時西暦628年に隅田川で引き上げた本尊の観音様を土師真中知命が祀った事が起源とされる町であり、2019年は5月17日~19日から檜前浜成命と檜前竹成命及び本堂を寄進した郷士の土師真中知命を乗せた3基の神輿が町を練り歩く三社祭が開催されます。

Leave a Comment

三社祭以外の歴史ある浅草の行事

浅草は、150万の見物人で賑わう「三社祭」や江戸の民間信仰に起源を持つ夏の風物詩「四万六千日・ほおずき市」などが全国的に有名ですが、リオのカーニバルを模倣した「サンバカーニバル」や荘厳な山車が見所の「弘前ねぶた浅草まつり」などの新しい行事も数多く開催されている古い地域です。

Leave a Comment