チャットボットツールの仕組みを学ぶ
2022年8月24日

チャットボットによる社内問い合わせ対応

大きい会社になると、それだけ社内への対応というものが必要になります。小さな会社では人事部というものがないのに、大きい会社では必須となっている事を考えてもその差は分かるのではないでしょうか。そういった意味で社内SEや、社内問い合わせ対応といった大きい会社にしかない仕事があります。特に社内問い合わせというのは、会社内部についての質問を社員が社員にするものです。

ありがちなのは年末調整の質問で、毎年の年末になると総務に質問が殺到します。年末調整は毎年必要になるにも関わらず、必ず前回から一年空いてしまうために忘れてしまうからでしょう。それをなんとなく担当っぽい人がいちいち答えていては身が持ちません。そこで、そういった社内の質問を一手に引き受けるチャットボットの導入が期待されています。

チャットボットはチャットを用いてAIが会話してくれるシステムで、質問に対する答えを入力しておくことで勝手に会話して解決してくれるのです。社内の重要なデータを外に出す訳にはいかないため、社内の質問は社内で解決するのが常識です。その延長線上にこのチャットボットはあり、質問と回答をスムーズに行ってくれます。人同士で質問と回答が2回あればトータルで4人分の労力が掛かりますが、チャットボットが処理してくれるならそれが2人のみとなるのです。

長く使うほど賢くなっていき、使いやすくなるチャットボットは、今後も広く使われて行くでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です